藤城清治美術館監修オリジナルジグレー (複製版画)のご案内

藤城清治美術館監修オリジナルジグレー (複製版画)について

藤城清治の影絵やデッサンなどの原画を忠実に再現した複製版画です

こちらのWEBページからも、カタログをご覧になりながら、お買いお求めいただけます。ご自宅などで、藤城清治の世界を お楽しみください。


ジクレーとは

ジクレーはデジタル・リトグラフとも言われ、最新のコンピューター技術を用いた版画技法です。原画の画像をデジタルに変換し、スクリーンを使用せずダイレクトにインクを版画紙やキャンバスに吹き付けます。また、ジクレーとはフランス語で「インクの吹き付け」を意味します。顔料系インク(約200年の耐光性)や、高級ドイツ製版画用紙を使用することによって、より原画の再現性に優れた仕上がりを得られます。色彩の発色が美しく、鮮やかな表現を持つ高品質の版画です

藤城誠治美術館監修オリジナルジクレー版画について

ヨーロッパにおける伝統的な画材用紙のハーネミューレのフォトラグサテンに、8色以上の顔料インクを使用し、プリント部分はサテン調に表現され、半光沢の画面は影絵の美しいイメージを発色豊かに再現しています。藤城清治先生が版画一枚一枚の仕上がりに目を通し、作品右下へ直筆のサインを入れ、左下にはこびとのイラストと、直筆の文字から作成したエンボスも特別に施されています。新作も随時入荷しており、ご購入されたお客様へは藤城先生の近景写真をプレゼントしています。より多くのお客様にお楽しみいただけるよう、オープンエディション(限定部数を設けない)にてご用意しております。細密に切り抜かれた繊細な形、透明感のある美しい光の色の重なりをお楽しみいただけます。


カタログを見る
(クリックするとカタログのページへ移動します)


<特別企画:真夏のラ・ビーサンタ>実施中

期間中はお得にお買い求め頂けます。この機会をお見逃しなく!


” ラ・ビーカフェ(東京)からのご購入 / オリジナル特典のご案内 ”

ラ・ビーカフェにて版画をお求めのお客様には、プレゼントをご用意致しております

・藤城清治美術館 那須高原の無料ご招待券(2枚)/期限が切れた後でも割引券としてお使いいただけます

・美味しいドリップコーヒー(テイクアウト用:1杯分)


⭐︎ラ・ビーカフェ 会員様 ” 限 定 ” 特 典 ⭐︎

・カフェ会員様 特別価格:本体価格より5%OFFにてご案内をいたしております

” 藤城 清治 画 A4サイズ イラストボード(複製)” を 進呈いたしております

とびきり愛らしい先生のイラストを、ご購入の版画と一緒にお楽しみいただけます。(特典のイラストボードはレターパックライトにてお届けいたします。別途、郵送代として370円を頂いております。)


○ご購入希望のお客様へ

内 容 欄” 版 画 購 入 希 望 ”とご明記の上、

1.ご希望の版画の品番 FSM-****  2.作品名  3. 必要数量

2.お客様のご住所(郵便番号からお建物名まで)

3.ご連絡先(お電話番号)をご記入の上、”送信”してください

こちらのお問い合わせフォームからお申し込みください(お問い合わせのページが開きます)


○お支払いについて

・後日、スタッフから商品の確認とお代金について、ご連絡いたします

・内容にお間違えがないか ご確認の上、商品合計の税込金額を、下記ご案内の口座へお振り込みください

<お振込み先のご案内>
名義:一般財団法人 藤城清治美術館 那須高原
ザイ)フジシロセイジビジュツカンナスコウゲン
銀行:目黒信用金庫/洗足支店
普通口座
金融機関コード:1346
店番号:003
口座番号:1045953
(振込手数料はお客様のご負担とさせていただいております)
(ご入金の確認は毎週水曜日にいたしております)
(お急ぎの場合は直接ご連絡ください)

・お支払いの確認が取れ次第、版画のご用意を進めます

・お申し込みから1ヶ月以内にお振込の確認が取れなかった場合は、お申し込みいただいた分はキャンセル扱いとなりますのでご注意ください



○お届けについて

受注生産品となります為、お申し込みからお届けまでには約3−4ヶ月程度いただいております(お目安としてください)

・商品のご準備が整い次第、ご配送申し上げます

<重要>

・ご購入のお客様と、ご配送先が異なる場合は、その旨 事前にお知らせくださいますようお願い申し上げます

・ヤマト便にてご配送申し上げます(送料は着払いとなります)

・ラビーカフェ店頭での受け取りをご希望のお客様は、その旨お知らせください

(ご準備ができましたらご連絡いたします。ご連絡から店頭でのお取り置き期間は、1ヶ月程度となります。予めご了承ください)


*店頭でのご案内をご希望のお客様は、その旨お申し付けください

どうぞよろしくお願いいたします